証券会社のビジネスマンとチャート

基本的に株を買えるのは証券会社からです。
ですが株式投資をしているだけで優待をもらえるわけではありません。
その優待制度を取っている会社だけです配当金とこの優待目当てに、最近雑誌やインターネットでも特集が組まれています。
そして優待制度を取り入れている会社は1000社以上ありますが、その制度は法的に決まっているわけではないので、100株から、とか1000株以上もっている株主、また一年に二回もらえるものもあれば、一回のみというものもあります。
ですが、一回持ってしまえばそれだけでいいというわけではありません。
もらえる月が決まっています。
カレンダー権利確定日をきちんと調べたうえで買わなくてはいけません。
そして優待で気を付けなければならないこともあります。
もしも赤字転落してしまえば配当金や優待をやめてしまう会社がありますまた赤字転落で株が損を出してしまう可能性もあります。
ですから、なるべくなら長い目でコツコツと貯める方がお得です。
checkまた証券会社では株主優待検索ツールがいろいろ条件を絞り込んで調べてくれます。
自己資本比率50パーセント以上、(この数字が高いほど経営基盤がしっかりしています。)、PBR1倍割れ、大型優良、東証一部銘柄、配当利回り(自分の好きな数字でいいと思いますが、平均利回り以上なら検索条件で出やすいと思います。銀行の預金よりいいと思います)。
ですが、証券会社もリアルタイムで更新しているわけではないので、会社のホームページできちんと調べておいてください。
今は一年目よりも二年以上持っていた方により多くの優待をする会社が増えています。
そして時には利益をきちんと確保しておいた方がいいこともあります。
でもなるべくなら安い時に少しずつ買っていくのが楽しみ方としてはベストだと思います。
安い時にすこしずつ買うとしてもどういった銘柄を購入するか判らない、自信がないという方は投資顧問に相談してみるのもよいでしょう。
投資顧問は的確な株の銘柄情報も教えてくれるので良きパートナーとなれるはずです。
その際、ランキングや口コミサイトを利用したうえで投資顧問は比較して決めるということが重要になります。
世の中には悪質なデマ情報しか流さない投資顧問も存在するので注意が必要です。